2018新卒採用エントリー

close

ENTRYはこちらから

ENTRY

#03 INTERVIEW すべては安心と安全のために

Top > 社員インタビュー > 三重工場 製造一課 リーダー

丸井 淳詩 三重工場 製造一課 リーダー 2004年入社 生産技術科卒

商品を手にするお客様の顔を思い浮かべる。

三重県の高校で野球少年をしていた自分は、食べることが大好きで食品工場で働きたいと思っていました。そして卒業後の進路を探していると、マリンフーズと出会いました。日本ハムグループとして、そのスケールの大きさに感心して入社を決めました。地元の三重を離れずに働けることも大きな魅力でした。配属されたのは、約500品目を超える商品を製造するマリンフーズのメインファクトリー「三重工場」です。キャリアは商品を包装するラインから始まりましたが、現在は調味や撹拌など、商品製造における重要な工程を担当しています。家族と暮らす自宅から工場までは車で約1時間、毎朝7時に出社します。そして、昨日の製品データをチェックするのですが、約200品目はあるので、午前中はその業務に費やされます。配合比率は合っているのか、撹拌工程に間違いはないか。味を左右するデータなので慎重になります。しかし、それよりも大切なことは、製品の安心と安全。工場で製造した商品を手にするお客様の顔を想像しながら、作業工程に異常はなかったかを徹底的にチェックします。

#

工場スタッフの「おはよう」で分かること。

安心と安全を実現するためには、データチェックだけでは足りません。コミュケーションも大切になってきます。例えば朝の挨拶、「おはよう」と工場スタッフに声をかけて、相手の挨拶に元気がなかったら「大丈夫か?」と声をかける。そしてスタッフの調子が悪ければ休ませる。工場はチームプレイです。誰かが体調を崩せば、臨機応変にスタッフ構成を変える。これはマニュアルではできない、安全と安心のための管理です。工場の雰囲気はとてもいいと思っています。自分の仕事はおいしい食品を安全と安心に作ること。でも人間が作るのですから、無理をせずに、お互いカバーしながらチームとして、いいものをつくっていきたい。そのためには、ますますリーダーシップを発揮して、工場のみんなを引っ張っていきたいと思っています。そして、いつか安心と安全では日本一の三重工場、いや水産会社にしたい!そんな未来を夢みながら、今日も三重工場でお客様の顔を想像しながら、みんなと頑張っています。

#

ある1日のスケジュール

7:00

出社

出社後はメールをチェック、今日の製造品目等を確認します。

7:30

現場作業

工場は5:30から稼働。撹拌、魚卵、調味など、製造工程に準じて現場を確認します。

9:00

前日のデータチェック

前日に製造した商品データをチェック。配合比率などに問題はないか確認します。商品のおいしさ、安心・安全に直結することなので、ついつい力が入ります。

10:00

昼休み

12:00

翌日のデータチェック

午後から翌日に製造する商品データをチェック。こうした二重、三重のチェックは当たり前、それでも万が一のないように現場も確認します。

14:00

課内打合わせ

上司から工場スタッフとのコミュニケーションの大切さを学びました。これからも教えられたことを胸に三重工場を盛り上げていきたいと思っています。

15:00

未決事項整理

工場での工程は予定通りにはいきません。日々、調整しながら次の日の準備をします。

16:00

退社

2歳と4歳の子どもが待つ自宅へ帰ります。

入社から現在まで(2016年3月現在)

2004年
入社。生産事業部 三重工場 包装課に配属
2012年
生産事業部 三重工場 製造一課に異動
  • #01 interview
  • #02 interview
  • #03 interview
  • #04 interview
  • #05 interview
  • #06 interview
  • #07 interview
  • #08 interview

ENTRY

RECRUIT SITE 2018

このページのTOPへ